Kalafina - Heavenly Blue Songtexte

君が見る夢は
古いインクで紙に書いた祈りのよう
小さなその手が縋るものも
今はまだ何処にも無い
それでも君の行く道を
奇麗なものは奇麗なままで
守り続けたいと思うよ
空と水が星を染めて
淡く虹を描いて散って
眩しい夜君が歌う
声は何処まで届くのだろう
憧れの住まう
蒼い星のひかり
ただ僕らは恋をして
たったひとつの未来の為に
今の全て奏でてみる
飛び立つよ
まだ暗い空へ
君の囁きは
閉じた心を切り裂いてく刃のよう
無邪気な光に晒された
この身を守る術など無い
眩しさという哀しみを
瞬きもせず受け止めている
君を守りたいと思うよ
何処から来て何処まで行く
かつて生まれた場所に立って
何を思い何を探す
僕は何処まで届くのだろう
君を招いてる
蒼い星の光
遠ざかるほど奇麗に
たったひとつの願いのように
闇の中で揺れている
手を伸ばす
まだ暗い空へ
遙かなる調べ
蒼い星の光
ただ誰もが恋をして
たったひとつの未来の為に
今の全て奏でている
君が夢見るなら
側に立って
同じ彼方へ手を伸ばすよ
君が信じた静かな空に
いつか僕も届くだろう
何処までも眩しい
heavenly blue
Dieser text wurde 548 mal gelesen.