Ray - ebb and flow Şarkı Sözleri

降り積もる粉雪が舞う
諦めかけた夢がまた 波打つ
あの日のままで
変わらない笑顔見つめた
染まる頬に触れた風が 空高く抜けた
---いつも見ていた。近いようで遠くて。いつだって、届かない・・・
どうして? と
問いかけた声も揺れる
ゆらゆら水面に浮かんだ月は何も
語らないただの傍観者
「同じね」
握る手が痛い

いたずらに風が吹く朝
樹々の葉がじゃれあう声に合わせて
駆け出す君を
ただ夢中で追いかけてた
その横顔が見てるのは遥か遠く ここじゃなくて

海が満ち、また引いていく夕凪
心の岸に打ち寄せられた決意は明日の光
信じて

ねぇ
問いかけた声が響く
はらはらと一緒に夜空駆けていけば
あの丘に日差しさす頃に
「見つけた」
願いは宝石 輝き出す ah

the ebb and flow of my mind...
Bu şarkı sözü 239 kere okundu.